Workshop
研修プログラム

事業を創る・伸ばす
ヒト・チームづくり

BizMakeアプリと研修プログラムを活用した
反復学習・アウトプットにより事業を推進する
個・組織の自走力を培う

About
BizMakeの研修プログラムとは

製品やサービスのコモディティ化が進み、情報が溢れかえる昨今、
企業における新規事業の開発や既存事業の見直しなどの必要性は年々、高まっています。
しかし、ビジネスを推進する上で多くの課題を抱えられている企業が多いのではないでしょうか?

  • 課題01 新規事業のアイディアが生まれない
  • 課題02 新規事業を推進する人材がいない
  • 課題03 社内にノウハウやメソッドがない
  • 課題04 アイディアが発散してまとまらない
  • 課題05 Vison・Goalがうまく共有できない
  • 課題06 個で学習した成果を組織にうまく適合できない
  • 課題07 課題はあるが、何から着手すればよいかわからない
  • 課題08 社内承認のために時間がかかりすぎるなど

組織にビジネスの
共通言語を

限られた時間の中で試行錯誤を繰り返すために、学習→戦略→実行の間の壁をなくし、ビジネス活動を活性化させるために、組織の共通言語化は重要です。
BizMakeアプリと研修プログラムを活用した反復学習・アウトプットにより事業開発における個・組織の力を育みます。理解したで終わりでなく、自走する力を培うことをゴールと捉え、組織の課題解決を伴走いたします。

戦略→実行→学習→
お問い合わせはこちら

Feature
研修プログラムの特徴

01

BizMakeアプリを活用したプログラム

座学、研修プログラムだけではなく、WEBアプリを活用した反復学習、添削を行います。

02

最新・普及している手法

ジョブ理論、デザイン思考などのエッセンスを内包し、業界・業種に縛らない普遍的な内容となっています。

03

オーダーメイド型研修

事業開発における課題は様々です。組織の課題に応じたオーダーメイド型の研修となっています。

04

アウトプットを重視

座学によるインプットだけではなく、研修プログラムやプレゼンなどアウトプットを重視したプログラムになっています。

Example
ワークショップ例

ビジネスモデルデザイン

アイディアを可視化して打ち手を考えるワーク

【ワーク例】
例題企業のビジネスモデルをキャンバスに描き、フレーム―ワーク活用を練習します。その後、ビジネスのアイディアを可視化して、グループ内でプレゼンテーションを行います。BizMakeで反復学習。

【フレームワーク例】
ビジネスモデルキャンバス・リーンキャンバス

ビジネスモデルデザイン

顧客分析

顧客・課題の解像度を上げ、戦略に活かす

【ワーク例】
ビジネスモデルにおける顧客セグメント・提供価値の深堀をジョブ理論で行い、ビジネスモデルにアウトプット、グループ内でプレゼンテーションを行います。BizMakeで反復学習。

【フレームワーク例】
ジョブ理論・ペルソナキャンバス

顧客分析

市場・環境分析

現ビジネスが取り巻く環境・競合を分析してビジネスモデルに活かす

【ワーク例】
ビジネスモデルキャンバスをデザイン後、PEST、5フォース分析で外部環境、競合の分析を行い、事業機会を探る。

【フレームワーク例】
3C分析、SWOT分析、PEST分析、5フォース分析、事業環境マップ

市場・環境分析

マーケティング戦略

マーケティング戦略を立案し、アクションに落とし込む

【ワーク例】
例題企業のビジネスモデルをキャンバスに描き、フレーム―ワーク活用を練習します。ビジネスのアイディアを可視化して、グループ内でプレゼンテーション。BizMakeで反復学習。

【フレームワーク例】
4P分析・STP分析

マーケティング戦略

課題分析

組織・現ビジネスの言語化できていない課題を洗い出し、解決策を考察

【ワーク例】
バランススコアカードを活用し、個人ワークで課題と打ち手を考察。プレゼンテーション後、グルーピングを行い、合意形成を行います。関係者の感情・認識のズレを把握することで最終的な合意形成に向かいます。

【フレームワーク例】
ビジネスモデルキャンバス・バランススコアカード

課題分析